​高密度光触媒コーティング

nano Ace とは

nano Ace では、「吹き付けるタイプ」の光触媒コーティングの施工を行っています。

水溶性の酸化チタンが光エネルギーを受け活性化し、接触する有機物を酸化分解あるいは不活性化します。

一度吹き付けて乾燥させるだけで施工面がコーティングされ、抗ウイルス・抗菌・防カビ・防汚・消臭など様々な効果を長期的に得ることが可能です。

​また、無色なので施工面に色味の影響が出ることもありません。どこにでも施工することができ、人体にも無害ですので、キッチンや飲食店でも活用できます。

光を当てることで触媒作用を示す物質の総称です。

nano Aceの光触媒は太陽光はもちろんの事、LEDのようなわずかな光が当たるとその表面に、強い酸化分解作用が起こり、接触した有機化合物や細菌等の物質を分解し水と二酸化炭素に変化させます。

また、酸化チタンは昔から白色顔料として広く使用され、化粧品や食品添加物にも使用されている安全な物質です。

​光のエネルギーだけで、水と二酸化炭素への分解は長期的に続きます

​ここが違う、nanoAceの光触媒コーティング

​光触媒とは

​他社の酸化チタン

❶ 自力で施工面に結合できないため接着剤が必要

❷ バインダーに埋もれた酸化チタンが効果を発揮できない

​❸ 粒子の表面積が小さいため強い光が必要

nanoAceの酸化チタン

❶ 自力(分子間力)で施工面に結合できるので接着剤が不要

❷ 施工したすべての粒子が効果を発揮

​❸ 粒子の表面積が大きいのでわずかな光で効果を発揮する

​”2ナノメートル”

​だからできる 接着材なしの施工

これまでも酸化チタンを用いた「光触媒」による殺菌・消臭・防汚染技術は知られていましたが、今ひとつ普及できなかったのは、「粒子径が大きい」という特徴があったためです。従来型の1/50(2ナノメートル)という小さな粒子にすることに成功し、今までと全く違う光触媒コーティングが生まれました。プライマーなどのバインダーがいらない為、大幅な効率アップを実現。さらに、粒子自体が密着しているため、大幅に効果を上昇することができました。

​数字で見る        の力

​抗ウイルス性試験

​A型インフルエンザウイルス

​ウィルス減少率

​99.9%

【試験方法】

JIS L 1922:2016

(ISO 18184:2014、準用)、準用

【ウィルス力価の定量方法】

プラーク法

【試験で使用したウィルスの種類】

(宿主細胞)

A型インフルエンザウィルス(H3N2)ATCC

VR-1679【MDCK細胞 ATCC CCL-34】

​抗ウイルス性試験
​ガス除去性能評価試験

​ネコカリシウイルス

​(ノロウィルスの代替)

​アンモニアガス

​ウィルス減少率

​99.9%

【試験方法】

JIS L 1922:2016

(ISO 18184:2014、準用)、準用

【ウィルス力価の定量方法】

プラーク法

【試験で使用したウィルスの種類】

(宿主細胞)

ネコカリシウィルス(F-9)ATCC VR-782

​【CRFK細胞 ATCC CCL-94】

​2時間後のガス減少率

​99

【試験方法】

SEKマーク繊維製品認証基準で定める方法

((一社)繊維評価技術協議会)

ただし、試料量は200㎠とした。

【仕様バッグの種類】

スマートバッグPA(シーエルサイエンス社製)

【試験で使用したガスの種類】

​アンモニアガス

nanoAceの効果測定【ATPふき取り検査(A3法)】

ATPふき取り検査(A3法)では、生物に必ず存在するATP,ADP、AMPを汚れの指標として好感度に汚れを検出します。

検査は、キッコーマン製ATPふき取り検査「ルミテスターSmart」を使用します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、手洗い・環境衛生が見直されています。

きちんと施工ができたかを目視だけで確認するのは、ヒトによって判断基準が異なるため品質にばらつきが出る可能性があります。

・きちんと施工できたかを 客観的な物差しで確認したい

・きちんと施工できたかを その場ですぐ確認したい

・施工の品質を記録として残し、お客様へも伝えたい 

​施工の前後にATPふき取り検査(A3法)を実施し、nanoAceの効果を「見える化」しています。